→ 製品紹介
→ 求人情報
→ 製造部門
→サイトご利用にあたって
Copyright(C) MVK VALVE CO.,LTD


TOP >


前田バルブ工業株式会社では、環境保全に関心の高い企業として従業員に対して「名古屋市アイドリング・ストップ運動」を実施しております。

環境への影響
 目的は、人を待っている時や、ちょっとコンビニに買い物、銀行でお金を引き出す時等々、車を止めているのにエンジンをかけっぱなしにしていることを従業員が「環境への悪影響」と認識し、アイドリングストップを実施します。
 さらに社用車・自家用車への「アイドリングストップステッカー」を貼付すること、「アイドリングストップ宣言書」へサインすることで意識向上につながり一層のアイドリングストップに努めます。また、社用車・自家用車へ貼付した「アイドリングストップステッカー」を一般車両の運転手が目視することで、市民全体のアイドリングストップ効果を狙っています。
 CO2の排出は、温室効果ガスへと変化し21世紀末には平均気温が2℃上昇し、日本の砂浜の7割が消えると言われていますので、地球環境が危機的状況にあるということを強く感じます。

燃費のムダ使い
 アイドリングが環境に悪いだけでなくガソリン乗用車では、30分エンジンをかけたまま、車を待機させていると、0.42リットルもガソリンを消費しています。これこそ経費のムダ使いであり、最も節約しなけければいけないと考えます。

活動報告
アイドリング
ストップ宣言者
本社・本社営業所・港工場 65名
保有車両台数 社用車/15台   マイカー通勤車両/40台

●アイドリングストップステッカー/アイドリングストップ宣言書
 

●宣言しました!